兵庫のNOSAI HOMEご意見・お問い合わせサイトマップ
NOSAIとはNOSAI兵庫の概要お近くのNOSAI兵庫県農業共済会館今日のお天気

兵庫県農業共済組合連合会
〒650-0011
神戸市中央区下山手通
4丁目15-3
TEL 078-332-7154
FAX 078-332-7152
<会議室の予約先>
TEL 078-332-7165
FAX 078-332-7172
 

NOSAI事業の紹介

畑作物共済

■加入は

大豆、そばを一定基準以上栽培している農家(一定の要件を満たした生産組織を含む)が加入できます。

■補償期間は

発芽期(移植する場合は移植期)から収穫期(通常の圃場乾燥期間を含む)までを補償します。

■補償額(共済金額)は

一筆方式 (大豆)
  補償額=s当たり補償額×基準収穫量×70%
農家単位(全相殺)方式 (大豆、そば)
  補償額=s当たり補償額×基準収穫量×90%(そばの場合は、80%)

<kg当たり補償額>

農家の手取り価格等をもとに、毎年、農林水産大臣が決定します。
経営所得安定対策の畑作物(大豆、そば)の直接支払交付金の交付を受ける農家の方は、交付金を加味した価格となります。

<基準収穫量>

その年の天候を平年並みとし、肥培管理なども通常に行われたときに得られる収穫量(平年収量)で、耕地ごとに定められます。

■掛金は

補償額と過去の被害状況により定められた掛金率(地域等により異なります)をもとに算定します。
掛金の55%を国が負担していますので、農家の負担が軽減されています。

掛金=補償額×掛金率
国庫負担=掛金×国庫負担割合(55%)
農家掛金=掛金−国庫負担

■対象となる被害(共済事故)は

風水害、干害、冷害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む。)による災害、火災、病虫害、鳥獣害による減収を対象とします。

■収穫量とする基準は

大豆(黒大豆以外の品種)
  農産物規格規程に規定する特定加工用大豆の品位以上であるもの。
大豆(黒大豆の品種)
  食用黒大豆として市場等に出荷できる品位に該当するもの。
そば
  食用そばとして市場等に出荷できる品位に該当するもの。

■共済金のお支払いは

一筆方式(大豆)
 

一筆ごとに3割を超える減収量に対して共済金をお支払いします。

支払共済金=kg当たり補償額×共済減収量
共済減収量=基準収穫量×70%−(見込み収穫量+分割減収量)
分割減収量=当該耕地の基準単収×分割割合×引受面積
農家単位(全相殺)方式 (大豆、そば)
  農家ごとに1割を超える減収量に対して共済金をお支払します。
支払共済金=s当たり補償額×共済減収量
共済減収量=基準収穫量×90%(そばの場合は、80%)−(実収穫量+分割減収
量)
分割減収量=当該耕地の基準単収×分割割合×引受面積

※通常すべき肥培管理や鳥獣害対策の不適切など、共済事故以外の原因による損害
(減収量)と共済事故による損害(減収量)とを分けて評価する、いわゆる「分割評価」を
行い、共済事故以外の原因による減収量については減収量として取扱わない(共済の
補償対象とはしない)こととなっています。(参照:畑作物共済分割評価割合の基準)
※経営所得安定対策の畑作物(大豆、そば)の直接支払交付金の営農継続支払交付金の交付状況に応じて、見込み収穫量または実収穫量が調整されます。

■被害を受けたときは

被害確認(調査)が必要となりますので、被害発生の都度、速やかにお住まいの市町・NOSAI事務組合にお知らせください。

■経営所得安定対策とNOSAIの関係について(大豆、そば)

経営所得安定対策の畑作物(大豆、そば)の直接支払交付金(以下「交付金」という。)の交付を受ける農家の方は、交付金を加味した補償額となります。
加入の際に、交付金の交付を受ける者であるとして加入した農家が、当該交付金の交付を受けない場合(共済事故によって生じた損害により当該交付金の交付を受けることができない者を除く。)、また、数量払のみを申請する旨の申告をした農家が、営農継続支払の交付を受けた場合には、掛金の一部を返還し、お支払した共済金の一部を返還していただきますのでご了承ください。

畑作物共済事業についてのお問い合わせ、ご質問は078-332-7157でお受けします。
↑ ページトップへ
個人情報保護方針勧誘方針コンプライアンス基本方針
コンプライアンス基本方針
Copyright(c) 兵庫県農業共済組合連合会 All rights reserved.