兵庫のNOSAI HOMEご意見・お問い合わせサイトマップ
NOSAIとはNOSAI兵庫の概要お近くのNOSAI兵庫県農業共済会館今日のお天気

兵庫県農業共済組合連合会
〒650-0011
神戸市中央区下山手通
4丁目15-3
TEL 078-332-7154
FAX 078-332-7152
<会議室の予約先>
TEL 078-332-7165
FAX 078-332-7172
 

農業共済新聞(近畿版)

【平成29年3月2週号ひょうご版】

■【宝塚市】観光農業−ハウスイチゴに注力−バリアフリー化を重視

 「観光農業にはまだまだ伸びしろがあります」と話す宝塚市大原野上ヶ峯のエーアイファーム石井伸啓さん(33)。2016年7月、父の農業を継承し、ハウスイチゴやブドウのほか、特産物の太ネギなどを栽培している。
 経営の主体は観光農業。特にハウスイチゴに力を注ぐ。 
 昨年ハウスを新設し、規模を3倍に拡張した。「この地域の需要を考えると、 %ほ10どしか満たしていない」と石井さん。「車椅子やベビーカーを利用されるお客さんにもゆっくり楽しんでもらいたいので、立ったままイチゴの収穫ができる広い通路にしています」と話す。
 高設栽培やバリアフリー化にも力を入れている。
▽エーアイファーム=090(2192)5148       (新谷明治)
「お客さんの笑顔で、日頃の苦労が報われます」と話す石井さん  
石井  伸啓さん
■【洲本市】義母からバトンタッチ−和牛に魅せられて
 
洲本市安乎町の薮内真記子さん(41)は、義母・ 千恵子さん(70)から和牛経営を引き継ぎ、現在繁殖牛など 27頭を飼育している。 
 淡路市の実家でも和牛経営をしているが、あまり関心がなかった真記子さん。結婚後、義母の経営を手伝ううちに和牛に魅せられていった。 
 「牛は一頭ずつ性格がある。その日の気持ちや体調など気付いてあげることが大事」と話す真記子さん。毎日の給餌や牛舎の掃除のほか、自宅近くの圃場で農作業にも従事する。時には一家6人で精を出す光景は、近所でも評判だ。 
 「息子たちもよく手伝ってくれます。牛にも興味を持って、将来経営を継いでくれれば」と話す真記子さん。 
 千恵子さんは「真記子さんは牛の面倒をよく見てくれる。ありがとう」と温かく見守る。
(北平幸一)
飼育作業を共に行う
千恵子さんと真記子さん
 

↑ ページトップへ
個人情報保護方針勧誘方針コンプライアンス基本方針
コンプライアンス基本方針
Copyright(c) 兵庫県農業共済組合連合会 All rights reserved.